PR by Zerogularity .inc

これが日本の現実。現金主義はまだまだ続く・・・

  • 会社からの給与が一時的に停滞・・・
  • 支払いは振込なのに現金が無い・・・
  • 車検と子供の学費が同時に・・・
  • 支払いが遅れると信用を失う・・・

あなたは、こういう状況に陥っていませんか?生活をしていれば、今すぐ現金を用意する必要に迫られる事はあるので、備えておきましょう・・・

と、今まで何度もお伝えしてきたのですが、大半の方はそこまでの危機感を持っていなかった様に感じます。

老後の2000万円ではなく「今お金が必要」という現実は目の前に突然やってくるのです。今その事を痛感している方も多いのではないでしょうか?

日本はキャッシュレス後進国と言われています。中央政府と治安が安定している国では現金の信頼度が高くなります。海外ではドイツも同じ様な状況ですね。

それに加えて、診療や医薬品の販売等に代表される様に、各種業界団体が日本のオンライン化を阻害してきました。これが、日本がアナログから抜け出せない一番の要因だと私は考えています。

オンライン化の遅れが深刻な問題になってきましたが、それは政府だけの問題でしょうか?この様な業界団体が多くの票を持っていいますので政党も忖度をせざるを得ないのです。

つまり、アナログ現金主義は今後も続くと予測されるわけです。小規模店や行政機関、ビジネスでもそうですが銀行振込・現金決済がまだまだ主流

これまで、支払い期日が迫まって「クレジットカードはあるけれど現金が無い」という状況で金策に苦労した経験はありませんか?

学費、国民健康保険、税金、街の食堂生活シーンで現金でないと対応できない事は今後もつづきます。

ですので、クレジットカードと併用で現金専用のカードローンを持つことを私はおすすめしています。

悲劇になるだけ。友達から金は借りるな

悲劇になるだけ。友達から金は借りるな_sp

「一時的な事だから、友達に借りればいいや」

あなたは友達や身内からお金を借りた経験はあるでしょうか?または、借りようと考えていますか?

安易に友達や身内からお金を借り事はおすすめできません。

視点を変えて考えてみましょう。例えば友達にお金を借りた場合、個人から借りると10万円はかなりの大金です、それに後ろめたい思いをしてかなり気を使いますよね。

私は友達に10万円1ヶ月借りたなら、なにかしらお礼はします。お礼に食事をごちそうしたりするでしょう。あなたも、そうしますよね。結果、気を使う上に支出も多くなる友達にお金を借りる方が利息換算すると高くなるのでは?

2人で食事をして1万円かっかったなら、年利換算すると、121.67%になります。5千円でも60.84%です。

カードローンで年利18%なら、友達にお金を借りるより支出は安くなります。

それよりも深刻な問題は「友達を無くす」という可能性です。Q&Aサイト等で友達からお金を借りる事に関して調べると、下記の様な言葉が並んでいます。

60代:男性60代:男性

お金の切れ目は縁の切れ目という言葉があります。

30代:男性30代:男性

金を貸してくれと頼まれるようなら自分は親友だと思っていても相手は思っていないパターン


40代:女性40代:女性

友達からお金を借りる人は、信頼してるのではなく、友達をナメてるのです。



こちらは、そう思っていなくてもこれが世間一般のイメージです。私は中学生からの親友と借金がきっかけで疎遠になってしまった経験があります。今も関係は回復していません。正直言って、金利より友達との信頼関係の方が大事です。

友達との信頼は、金利とは比べられない価値があります。

その様な経験をしてから、私は緊急の場合はカードローンを利用しています。通常のローンと違って1万円単位での借入が可能なので、友達や親類から借りようと考えているなら、声をかける前に、カードローンの審査を通してみましょう。審査結果は即日でわかります。

絶対無理。銀行で生活費を借りる

絶対無理。銀行で生活費を借りる_sp

銀行振込しか決済ができない(クレジットカードが使えない)が、現金がない!!という場合、必然的に金融機関からの借入を考える事になると思います。

借りる理由が生活費や支払いの一時金となると、対応してくれる金融機関はさらに限られます。

銀行の窓口に行って「生活費を1ヶ月分だけ貸して欲しい」なんて相談は基本的にはできません。銀行法では個人の生活費に融資はできないからです。

しかし、銀行も個人の融資ニーズに応えて、別業態として個人向けカードローンという融資商品を用意しています。

緊急時で現金が必要な場合は、カードローンの利用を検討しましょう。

そもそも機能が違う。「クレカ」と「カードローン」

そもそも機能が違う。「クレカ」と「カードローン」_sp

カードローンとクレジットカードでは、どの様な機能の違いがあるのでしょうか?簡単に解説します。

クレジットカード

ショッピングローンの一種。電子決済で使いますので「現金払い」のお店や商品だと使えません。

カードローン

現金を借りる為のローンです。現金ですので何でも対応できます。

ただし、クレジットカードで現金を借りる事もできます。それが「キャッシング」機能です。金利はカードローンより少し低いか同じくらいです(カード会社によって異なりますのでお持ちのカードをご確認ください)

クレジットカードの枠内で設定された金額を現金で引き出す事が可能です。ただし、ショッピング枠の一部で現金を借りているという事に注意してください。

例えば、ショッピング枠が50万円、内、キャシング枠20万円

というクレジットカードなら、20万円まで現金を引き出せますが、ショッピングで使える額は30万円までになってしまいます。

この場合、利用可能額が残り20万円(30万円使っている)クレカだと、利用可能額は0円になります。

電子決済に使えなければ、クレジットカードとして持っている意味がなくなってしまいます

これに対して、カードローンは融資枠 50万円なら、全額を現金で引き出せます。

コンビニATMでも引き出せますし、自分の口座に即時振込みもできます。銀行のキャッシュカードと同じ様なつかい方です。

日本はまだまだ現金社会。学費の支払いや給食費等、公立学校だと現金払い(銀行振込)しか対応できない事の方が多いので

クレジットカード(ショッピング用)
    +
カードローン(現金払い用)

クレジットカードにプラスして、現金用にカードローンを一枚作っておくのがベストです。

金額でみる。カードローンの金利

金額でみる。カードローンの金利_sp

カードローンの年利は最大で18%です。パーセントだとピンときませんよね。年利18%と聞くと高く感じるかもしれません。では、実際にどれぐらいの金額になるのか計算してみましょう。

利息 =
利用残高 × 実質年率 ÷ 365 × 利用日数

という計算式になります。

年利18%10万円30日借りると利息は1,479円です。

金額にするとイメージよりは安くありませんか?

車や住宅の購入の様な数百万、数千万という金額の高額融資の場合は1%の金利が、金額換算すると大きくなります。少額融資の場合、年利18%は金額で考えると妥当です。

金融業者の立場から考えると、10万円を年利6%30日融資したなら493円です。これでは事業としてなりたちませんよね。

もちろん、借入額によって金利は下がります。私が契約しているカードローンでは現在11.5%です。これはクレカのリボ払いより安い金利です。

銀行などの金融機関の融資とくらべれば高い金利ですが、返済と借入のバランスを考えて、計画的に使えばカードローンは緊急時の資金調達先として利便性の高いローン商品といえます。

今借りる必要がない。審査をしておくべきか

今借りる必要がない。審査をしておくべきか_sp

  • 元旦那からの養育費が止まった!
  • 不意の事故で入院費が必要!
  • 足を怪我して一時的にタクシー通勤するしかない!
  • 今月だけ従業員の給与を先に確保しないといけない!

今はお金を借りる必要がなかったとしても、こういった状況はいつか直面するものです。今回のコロナの様な事態もおこります。

医療保険なら健康な内に備えておくでしょう。今病気をしていたら保険には加入させてもらえませんよね。

現金に詰まった状態の時は、他社でも借入している可能性は高いと思います。つまり審査が通りにくい状態です。余裕のある時に審査を通しておいた方がいいのは、言うまでもありません。

カードローンが保険と違うのは、審査に通って融資枠を確保できたとしても、借入する必要は無いという事です。クレジットカードを持つ事と同じです。

余裕のある今のうちに審査をしておいて、緊急時にいつでもお金を借りれる仕組みを作っておく事をおすすめします。

業者を選べば、今日、現金はつくれる

業者を選べば、今日、現金はつくれる_sp

今日すぐに現金を借りたい場合も、即日で現金を調達する事は可能です。即日審査、即日借入の場合は、業者選びがポイントになります。

カードローンの運営会社は、おおまかに分類すると消費者金融系銀行系信販系の3つに分かれます。

今日中お金を借りたいなら、消費者金融系のカードローン一択になります。

▼銀行系は最低1営業日以上かかる
銀行が運営するカードローンは2013年以降、反社会的勢力への融資を防ぐ為に警視庁データベースでの確認作業が必要になりました。行程がひとつ増えたた為に、1営業日以降の審査結果となるので、即日融資は事実上不可能になりました。

銀行直営でない銀行グループ系の金融業者は、消費者金融にあたりますので即日融資が可能です。

大手と中小、金融業者どちらを選ぶべきか

大手と中小、金融業者どちらを選ぶべきか_sp

大手と中小では、返済方法に違いがあります。

大手金融のカードローンは多くの場合「残高スライドリボルビング返済」が採用されています。こちらがおすすめです。

この返済方法は、借入残高の金額によって月々一定金額を返済していきます。ですが、お金に余裕がある時は、多めに返済する事も一括返済も可能です。

契約の枠内であれば、何度でも借りたり返したりできます。クレジットカードの仕組みと同じです。返済を自分のペースに合わせる事ができるので、非常に利便性の高い返済方法です。

一方、金融公庫などの公的機関の貸付や中小貸金業者から融資を受けると「元利均等返済」になる事が多いです。

50万円を60回払いで借りるといった融資で、契約した全額が入金されます。返済予定表通りの金額を毎月返済していきます。この場合、多めに返済したい場合も相談が必要ですし、追加融資の場合は再契約になります。

生活費等の一時金の場合、50万円の枠があるが今は10万円だけ必要という様な状況が大半だと思います。当たり前ですが金利は借入分だけにしか付きません。

必要な時に必要な金額だけ借りる。ここが重要ですから返済方法も視野に入れて、大手のカードローンを選びましょう。

絶対に備えておくべき、神ローン

絶対に備えておくべき神ローン

保証人不要-目的自由のフリーローン


プロミスのバナー画像。画像の文字は、土日祝・夜間でもOK!プロミスなら原則24時間振込可能!振込手数料¥0。
プロミスのポイントアイコン

※プロミスの資金使途は生計費(生活費,レジャー資金,教育資金など)に限ります。


smbcモビットのバナー画像。画像の文字は、10秒簡易審査、WEB完結。電話連絡なし!郵送物なし!SMBCモビットのロゴ。

モビットのポイントアイコン



アイフルのバナー画像。画像の文字は、アイフルなら事前に融資可能か1秒で診断できる。最短30分で審査。WEBで完結するから誰にも知られない。

事業者にも対応 ビジネスローン


事業者向けのビジネスローン、アイフルビジネスファイナンスの紹介画像。4つのメリットが記載されている。年会費,保証料無料・保証人、担保不要・使用用途自由・契約まで来店不要。
アイフルビジネスファイナンスのポイントアイコン

レディースローン


プロミスレディースのバナー画像。女性の写真の横の文字は、やっぱり安心!助成オペレーター対応。最短1時間融資。はじめての人は30日間無利息0円。
プロミスレディースのポイントアイコン

※プロミスレディースの資金使途は生計費(生活費,レジャー資金,教育資金など)に限ります。


レディースアイフルのバナー画像。画像の文字は、女性のみなさまへ。レディースキャッシングならアイフル「詳しくはこちら」のボタン。右上にアイフルのロゴ

運営者情報 プライバシーポリシー 特定商取引法に基づく表記
Copyright © 2012-2020 すぐにお金が必要な人向け ┃ 経験者が教えるカードローン選び All Rights Reserved.